2017年03月15日

日本語字幕付き映画情報【映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険】

doraemon.jpg
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017


岐阜県(岐阜市)
2017年3月22(水)〜3月25日(土)
上映時間22日〜23日 17:40〜 24日 18:10〜 25日 16:40〜

上映時間の確認はこちらから
TOHOシネマズ岐阜
岐阜県岐阜市柳津町丸野3-3-6(カラフルタウン内)
FAX:058-388-7261
TEL:050-6868-5010

真夏の暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは、南太平洋に浮かぶ巨大な氷山。ひみつ道具「氷細工ごて」で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議な腕輪(リング)を見つける。

調べてみたところ、なんと腕輪(リング)が埋まったのは、人が住んでいるはずもない10万年前の南極だった!腕輪(リング)の落とし主を探して南極へと向かうドラえもんたち。その前に、なんと氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現す。「10年前に行って、落とし物を届けよう!」ひみつ道具「タイムベルト」で10万年前に向かうドラえもんたち。そこで、凍りついてしまった自分たちの星を救うため、宇宙を旅し、腕輪(リング)の謎を追う少女カーラとヒャッコイ博士に出会う。そして、腕輪(リング)を巡り、ドラえもんたちは、地球が凍結する危機に直面する!

※スノーボールアース仮説…はるか昔、赤道付近も含め地球表面全体が凍結するほどの激しい氷河時代が存在したという説。これをスノーボールアース仮説といい地球史の研究者の間で主流となりつつある。「全地球凍結」という壮絶な環境変動によって、原生生物の大量絶滅とそれに続く跳躍的な生物進化をもたらしたとされる。

posted by 情報センター at 09:00| Comment(0) | 字幕付邦画情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: