2016年12月08日

【お知らせ】第13回さがの映像祭

のイベントの詳細については、13回さがの映像祭実行委員会 事務局までお問い合せ下さい。お願い致します。

2016eizo-chirashi-omote.JPG

手話は言語〜デフムービーって何だろう〜「第13回さがの映像祭」  


【とき】2017128日(土)13001800

        129日(日)10001600


【ところ】同志社大学寒梅館ハーディーホール(京都市上京区)

     ※京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車2番出口より北へ60m程


【チケット】一般 2日券 1,500円 1日券 1,000

      学生 2日券 1,000円 1日券  700

(学生は、小学生〜大学・専門学校生を含みます)

※チケットは、全国手話研修センター2階事務所等にて受け付けております。(遠方の方は、お名前・ご連絡先・参加人数をご記入の上、FAXもしくはメールにて下記事務局までご連絡いただけましたら事前チケット受付をさせていただきます。)

※チケットは、当日会場でも受付いたします。



1.プログラム

2017128日(土)12:30開場


●第13回映像作品コンクール 応募作品上映Aグループ 

13001430 ハーディーホール

※上映作品・上映時間などの詳細は12月下旬〜1月上旬頃にアップいたします。


●今村彩子監督映画「Start Line(スタートライン)」上映

14401635 ハーディーホール

→詳細は「Start Line」公式サイトへどうぞ


●劇団あしたの会 演劇「昨日・今日・明日」上演

16501800 ハーディーホール

演劇と映像のコラボレーション!手話言語法を題材にした演劇です。


●ワークショップ@ 16451800 地下A会議室

今村彩子監督 「本当の『壁』は誰が作っているのだろう?〜『Start line』制作を通して考えたこと〜」

※事前にお申し込みください。お申込方法は下記の「3.ワークショップのお申込みについて」をご覧ください


●クローバーホールでも応募作品を上映します。

●ロビー・ギャラリーでは手話や映像関係の販売・展示を行う予定です(参加団体募集中)。



2017129日(日) 9:30開場


●第13回映像作品コンクール 応募作品上映Bグループ 

10001200 ハーディーホール

※上映作品・上映時間などの詳細は12月下旬〜1月上旬頃にアップいたします。


●映画「函館珈琲」上映

 13001500 ハーディーホール

→詳細は「函館珈琲」公式サイトへどうぞ

ゲスト:いとう菜のは氏(「函館珈琲」脚本制作)


●第13回映像作品コンクール 審査発表・表彰式・審査員による講評

1510:〜1600 ハーディーホール


●ワークショップA 11001230(予定) 地下A会議室

「ろう映画(デフムービー)関連ワークショップ(仮題)」

※事前にお申し込みください。お申込方法は下記の「3.ワークショップのお申込みについて」をご覧ください


●クローバーホールでも応募作品を上映します。

●ロビー・ギャラリーでは手話や映像関係の販売・展示を行う予定です(今後、参加団体を募集します)。


2日間のプログラム内容および時間は、予告なく変更する場合があります。


【ワークショップお申し込み方法】

全国手話研修センター公式ホームページ(http://www.com-sagano.com/)から映像祭の案内ページにアクセスいただき、申込フォームよりお申し込みいただくか、次の内容をFAXもしくはメールにて下記事務局までお送りください。申込締切:2017113日(金)

1.参加ご希望のワークショップ番号(@・A)

2.お名前と聴覚障害者・健聴者人数

3.ご連絡先(EmailFAX・電話番号など)

※定員に達し次第、締め切らせていただきますので予めご了承ください。

定員に余裕がある場合は、当日受付もいたします。



【さがの映像祭に関するお問い合わせ先】

13回さがの映像祭実行委員会 事務局

(社会福祉法人全国手話研修センター 企画課)

FAX 075-873-2647 TEL 075-873-2646 受付時間 平日90018:00

Email kikakucom-sagano.com  ※●を@に変えてお送りください

posted by 情報センター at 16:59| Comment(0) | 情報センターからのお知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: