2017年07月30日

【電話リレーサービスのお知らせ】

日本財団電話リレーサービス・モデルプロジェクトの”新規”利用者募集が始まります。

日時 2017年8月1日(火)正午より
定員 2,000名

詳しくは、ホームページを参照下さい。

posted by 情報センター at 14:41| Comment(0) | 情報センターからのお知らせ

2017年07月27日

日本語字幕付き映画情報【怪盗グルーの】

minion.jpg

 

岐阜県
2017年8月6日()〜8月7日(月) 
上映時間:2日間とも11:25〜

・大垣コロナシネマワールド
岐阜県大垣市三塚町字西沼523-1 (イオンタウン大垣 内)

posted by 情報センター at 14:18| Comment(0) | 字幕付邦画情報

日本語字幕付き映画情報【心が叫びたがってるんだ。】

kokoroga.jpg

 

岐阜県(岐阜市)
2017年8月6〜8月8日(火)
上映時間:3日間とも18:15〜
上映時間の確認はこちらから
岐阜県岐阜市柳津町丸野3-3-6(カラフルタウン内)
FAX:058-388-7261
TEL:050-6868-5010


posted by 情報センター at 14:04| Comment(0) | 字幕付邦画情報

日本語字幕付き映画情報【君の膵臓をたべたい】

kimisui.jpg
(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会
(C)住野よる/双葉社

【君の膵臓をたべたい】 公式ホームページ

岐阜県(岐阜市)
2017年8月6〜8月9日(水)
上映時間:4日間とも17:45〜
上映時間の確認はこちらから
岐阜県岐阜市柳津町丸野3-3-6(カラフルタウン内)
FAX:058-388-7261
TEL:050-6868-5010

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。
彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく―。
膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。
桜良の死から12年。
結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、
【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた―。 
そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人―。
posted by 情報センター at 13:57| Comment(0) | 字幕付邦画情報

2017年07月23日

日本語字幕付き映画情報【劇場版ポケットモンスター キミにきめた!】

pokemon2017.jpg
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon (C)2017 ピカチュウプロジェクト


岐阜県(岐阜市)
2017年8月2(水)〜8月5日(土)
上映時間:2日〜3日 16:25〜 4日 16:20〜 5日 11:25〜

上映時間の確認はこちらから
岐阜県岐阜市柳津町丸野3-3-6(カラフルタウン内)
FAX:058-388-7261
TEL:050-6868-5010

すべてのポケモンファンへ――、
これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。
20周年記念作品、ここに誕生!
マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。
「キミはオレが嫌い? オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。
「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!? 旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!
posted by 情報センター at 09:35| Comment(0) | 字幕付邦画情報